アートやものづくりのパワーを借りながら、この世界を素敵な仲間たちと生きていきたい。そんなことを考えながら、只今そんな場所づくりの準備中。その報告と記録です。


by マユジ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オーダーいただいた消しゴムはんこ

時折、消しゴムはんこをイベントで彫ったり、彫り方のワークショップをしたりしているイワオカフェです。
さらに時折、オーダーメイドもいたしております。

先日は、こちらのオーダーをいただきました。


ハシビロコウ。
(真正面)
e0196125_1751277.jpg

大きくて、普段は餌を捕る時以外ほとんど動かない不思議な鳥です。

頭の冠羽がポイントです。


同じ方には以前、飼っていらっしゃる猫ちゃんのはんこもご注文いただきました。

お写真をもとに、こんな感じにお作りしました。

e0196125_17512792.jpg
どちらも喜んでいただけて、嬉しかったです。
ありがとうございました☆


現在、消しゴムはんこのオーダーも水面下にて承っております。
それそろ水面にも出たいと思っておりますので、ご興味あります方はご相談下さい。

こちらへ→ woodrock○excite.co.jp
(○は@に替えて下さい)

自分で彫ってみたい方もぜひ。
やってしまえば簡単です(笑)


ちなみに、ハシビロコウにご興味をもたれた方は、こちらの動物園で見られます。

上野動物公園
千葉市動物公園
伊豆シャボテン公園
(高知県立のいち動物公園にもいるらしいです)

ミステリアスで素敵な鳥です。

彫ったからにはハシビロコウも宣伝。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-04-27 17:51 | 消しゴムはんこ | Comments(0)

アートセラピー☆5/6イベント出店のお知らせ

e0196125_15504299.jpg

内容に関係ないですが、こちらボーイと作ったパンたち。
カメとウサギとクマと車と軽トラック(笑)
一緒に作れるようになって楽しいです。


さて、またまた先のお知らせではありますが、
5/6(水)ゴールデンウイーク最終日、『こまち朝市』に出店させていただきます。

今回は、アートセラピー体験を中心に展開したいと思っています。

『ワンコイン☆アートセラピー体験』

メニューの中から、自分の知りたいことを選んでいただき、それに合わせてクレヨンで“楽しく”(←大事な点)絵を描きます。

そこから一緒に絵を見ながら、知りたいことに対する自分自身の答えを知るお手伝いをいたします。

野外でのお絵描きも良いものですよ〜


*場所 飯能市小町公園
*時間 10時〜15時

イベントの詳しい情報はこちら→こまち朝市


前回は雨で中止だったので、今回は晴れるといいなぁ。
イワオカフェ、マユジでした。



[PR]
by woodrock | 2015-04-21 15:50 | イベント | Comments(0)

手帳を替えました

今月はじめ、『ろはすぃ〜つ』のあびさんによる“手帳活用術講座”を受けました。

それはそれは、素晴らしい術で、一緒に講座を受けた夫ティミーと共に、その夜遅くまで手帳に使う手づくりページをせっせと作りました。

それから、しばらくしてやっとバインダーを手に入れました。
(ドイツ製のリサイクルレザーで、つくりは日本製という、私にとってのトキメキ要素満載)

で、ついに完成。


じゃじゃーん。
e0196125_1626881.jpg

中は、あびさんに教えてもらった通り、付箋フル活用!

e0196125_1626853.jpg
以前、facebookでシェアされていた、どなたかの記事に、
「子育てでツラいのは、やりたいことをいちいち分断されてしまい、達成感がまったく持てないこと」
というような話があり、『達成感』は暮らしのメリハリとして、生きる糧として、大変重要だと再認識しました。

この手帳活用術では、済んだ用事の付箋を剥がしていきます。
(詳しくは、あびさんの講座で☆→ろはすぃ〜つ

この、付箋を剥がす時の達成感よ!!

癖になります。

試しに「朝ご飯をつくる」とか当たり前のことを書いて貼って、やって剥がしたら、やっぱり達成感あり(笑)

まあ、そのうちもっと素敵カッコイイ用事が並ぶと良いんですけど。

とにかく、これから新しい手帳で始動できて嬉しい限りです。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-04-19 16:26 | 暮らし | Comments(0)

ボーイの辞書に『卒乳』は未だ、ない

子どもって、いつまで万歳して寝るんだろう?
e0196125_15291985.jpg
まだまだ卒乳の兆しのないボーイ、2歳4ヶ月でございます。

眠い時や、甘えたいとき、嫌なことがあったときの精神安定的な感じで、おっぱいを飲んでいます。

周りのお友だちは、みんな1歳半くらいで卒乳し、私も考えなかったわけではありません。

結構真剣に悩んだこともあります。

しかし、卒乳や断乳のエピソードを読んだり聞いたりするだけで、泣きたくなる自分がいます。
何だか悲しいのです。

私自身が、母の乳腺炎により、おっぱいを早くに卒業したからかもしれませんし(母も辛かった事でしょう)なんにせよ、きっと自分の中で、卒乳に関して思うところがある、そう感じます。


さらに、まだ言葉も拙かった1歳半過ぎのボーイに
「何歳まで飲む?」
と聞いてみたところ、やけにはっきり
「3さい。」
と言い切りました(笑)

言わせた手前、これは尊重せねば、私もそれほど困ることもないしと思い、いわゆる自然卒乳を待っております。

しかし、「3歳」って、3歳になったらやめるのか、3歳代(つまり4歳前日)までを指すのか…?

それによって1年違うじゃん。と思い、先日また質問してみました。

「3歳になったら卒業?4歳まで飲む?」

ボーイ「…5さい」


だいぶ延びちゃったよ!!!!


まぁ、もうここまで来たら何歳でも飲ましてやらあ(笑)

困ることと言えば、人の多いところで「おっぱい!」と叫ばれることぐらい…
気恥ずかしさも、もう慣れつつあります。
まだ夜間と朝方に起きたりもしますが、これも慣れました。

あと時々、ロング期間授乳(即席の造語)の影響として
「言葉の発達の遅れ」と
「食の細さ」
を耳にすることがありますが、

うちの場合は、全く当てはまりません(笑)

(このことで悩んでいる方がいたら、参考になれば幸いです)


最近、おっぱいの出具合や味の違い、おいしさを教えてくれるようにもなり、それはそれで楽しい経験をさせてもらっています。

外出中でも、この頃は「ここでおっぱいのめる?」「おっぱいのめるところある?」と聞いてくれるようにもなりました。

会話が出来るようになってからの授乳も面白いものです(笑)

もちろん、授乳を面倒だなあ、と思うことも多々あります。

でもボーイも、もしかしたら私のために飲んでくれているかもしれない、と思うことさえあります。

しっかりたっぷり思う存分飲んでもらって、いつかボーイが親離れしたときに、私も一緒に子離れ出来るようになれるといいなあ。
そんな風にも思います。

何か切なくなってきたわ(笑)

おっぱいライフは悲喜交々。
今はこれで幸せです。
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-04-19 15:29 | 子育て | Comments(0)

子どもにかける“愛される”魔法の話

最近、ボーイはあまり人見知りをしなくなり、初対面の人にも話しかけたりするようになりました。
友だちづくりも上手になってきたようです。

今週旅行で行った富山でも、その様子が見られました。


路面電車ポートラム内にて。
e0196125_1521634.jpg
ボーイ、金沢から来たという7歳の男の子と意気投合(?)
出発地から終点まで、抱っこしてもらったりおんぶしてもらったり、随分かわいがってもらっていました。

おみやげ屋では、買い物中のおばあさんに突然話しかけられ「幸せいただきました」と拝まれたり(笑)
旅館では5歳になる“未来の”若女将に気に入られたりしていました。
e0196125_1521623.jpg
どこへいっても、大人から子どもまで、みんなでボーイをかわいがってくれました。
とても嬉しいことです。




これはボーイに限らず、小さな子どもを見ていると、愛される理由がわかる気がします。

まず本人が「何を言おうがしようが、愛されて当然」というスタンスでいること(笑)

だから、
臆面なく相手に話しかけたり、
笑顔を返したり、
逆に「なんだこいつは」と言いたげに、じっと顔を見返したり、
申し出をスルーしたり、さらりと断ったり注文をつけたりできる。
(親がひやひやする程に)

そして、無条件の愛を当たり前に受け取る。
相手は、勝手に何かを受け取ってくれている。


この「何しても愛されている」という愛され方。
みんな生まれてしばらく、赤ちゃん時代には存分に発揮できるものだと思います。

でも成長するにつれて、この「当たり前」が段々揺らいでいったりします。
特に、親や周囲の大人との関係性の中で。

良い子にしてないと愛されない、愛されるには条件がいる
、と思うようになったりします。


なので、私も夫ティミーも、なるべくボーイ本来の“愛されて当たり前”が続いていくように、ボーイのイタズラを叱ったりしたあとにも、

「我々はこれをされて悲しくなり、ちょっと怒ったりしたが、それとは関係なくいつでも君が大好きだ。君は存在自体が素晴らしいんだよ。」

というような事を伝えるようにしています。
(実際はこんなトップハムハット卿口調ではないですが)


本人が当たり前だと思っていることは、当たり前にやってくる。
身の回りの世界は自分が作り上げているに違いない…そう思っています。

身の安全とか、病気にだって通じることだと思います。


だから、これは親が子どもに出来ることのひとつ。

「その気にさせる」(笑)

英才教育のキャッチフレーズみたいですが、在り方の話です。

私たち親が、成長過程で癖がついてしまった「在り方」を見直し、実践し、実感し、子どもに伝える。
(伝える側がやっていないと、伝わらないと思うので)

親が子どもにかけてあげられる、白魔法みたいなもの。
きっとたくさんあるんだろうなと思います。

せっかくだから、ボーイが人生を楽しめるような魔法、試しにかけてみたいと思っています。

「君は天才だ」とか(笑)

期待とかではなく。


それでも、本人が期待されているとプレッシャーとして受け取る可能性だってあります。
だから日々、こういった魔法は調整が必要かもしれません。

実際どれだけ効力があるかもわかりません。
コントロールしたいわけでも、もちろんありません。

ただ、親は子を、子は親を「信じること」は出来る、それだけの話です。


ボーイが行く先々でかわいがってもらえるのも、こんなちょっとした魔法の効果…だといいなぁ。

富山の人たちがみんな良い人だっただけかもしれませんけど(笑)

もちろん、自分にも魔法かけないとね。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-04-17 01:52 | 子育て | Comments(0)

5月☆アートセラピーグループワーク開催☆

e0196125_8235571.jpg

気がつけば4月も半ば。
新学期もスタートしましたね。
イワオカフェでも、春からアートセラピーのセッションを増やしていきたいと思っています。

まずは少し先ですが、5月22日(金)午後、飯能市内にてアートセラピーグループワークを開催します♪

詳細は追々お知らせします。

場所は、私も大好きなベーグル屋さん、une bagel

今から楽しみです♪
他にもイベント出店などあるかも?
お楽しみに!
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-04-16 08:23 | アートセラピー | Comments(0)

畑はじめました

e0196125_0273181.jpg
クイズ・ボーイはど〜こだ。

そして、ここはど〜こだ。

…素晴らしい場所、とだけ言っておこう。



さて、
ついに来ました、この時が。


ついに、
夢がひとつ叶いました。



ドリームズカムトゥルー。


ドリームイズ畑ライフ。




畑ライフカムトゥルー!



…というわけで、畑を借りました。



なーんだ、と思われそうですが、我々夫婦にとって、畑はずっとやりたかったことのひとつ。


かれこれ8年前くらいから、いつか自分たちで野菜を育ててみたいねと話していました。

早く畑をやりたい気持ちがあふれ、どこかに場所はないかと、焦ったりしていた時期もありました。

でも、こういった生き方にダイレクトに関わるものというのは、やはり縁やタイミングが要。

がむしゃらに探して見つかるものでもありません。



さらに、当時私たちが理想としていたのは“自然農”の畑でした。

自然農は一般的な農法ではなく、耕さないし、除草もしません。もちろん虫もたくさん来ます。
普通の畑を借りてやるのは難しい。


そんなこんなで、
「まあ、いつかきっと出来る日が来るだろう、自然農じゃなくても、とりあえずいいかもね」
と、のんびり構えるようになりました。

そんな畑への執着心を手離して数年。



我々が、お借りした畑。



e0196125_0273166.jpg
はい、
自然農ーー!!


(夫ティミーのポーズに滲む喜び)


なんとこちらの畑、「じゅらく」という、ママさんの集まりで5年も自然農を続けている畑なのです。

様々な草の生えた畑の土はふかふかで、小さい子が眠いときの手のように、しっとり温かい。

そんな素敵な畑です。


ボーイがいたのは、この畑の周り。
じゅらく代表の娘さん、小学生のお姉さんに遊んでもらって大喜びの図。
母には目もくれやしない。(喜ばしい成長です)

e0196125_027316.jpg



そして畑ライフはこれだけではなく。

なんと、「じゅらく」を紹介してくださった小島農園さんでも、畑をお借り出来ることになりました。

こちらは何と、無肥料自然栽培!
農薬はもちろん、化学肥料も有機肥料も使わない農法です。

そんな画期的な栽培法のプロフェッショナルがいる、素敵なご一家が営む畑の一画をお借りします。

なんとありがたいのでしょうか。


先日早速、小島さんのところで夏野菜の苗を作らせてもらいました。
e0196125_0273192.jpg

トマトにナスにバジルにモロヘイヤ。
どんな芽が出るのか楽しみです。


e0196125_0273183.jpg
ちなみに、これは小島農園のワイルドで優しい、一番上のお兄ちゃんに畑から畑へ輸送してもらうボーイ。なんだか贅沢(笑)





今年、私マユジは厄年。
(あら19歳?いいえ、本厄です)


厄年とは、ただ悪いことが起きるのではなく、人生に大きな変化がある年だといいます。

しかし、まさか畑が借りられようとは。

本当にありがたいことです。


というわけで、2つの素晴らしい畑で、人生のグランディング(畑仕事は効果絶大)と、野菜とそれを取り巻く命との関わりの環に参加したいと思います。
(まとめたら壮大な感じの言い方になったわ)


ちょっぴり虫の苦手なボーイも、きっと今に土の香りのするワイルドボーイになる……
のだろうか?

楽しみは尽きません。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-04-04 00:27 | 暮らし | Comments(0)

タグ

(55)
(32)
(29)
(29)
(21)
(18)
(13)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

暮らし
子育て
アートセラピー
消しゴムはんこ
ものづくり
イベント
イラストレーション

最新の記事

近況を一挙ご報告
at 2017-06-25 22:04

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

記事ランキング

画像一覧