アートやものづくりのパワーを借りながら、この世界を素敵な仲間たちと生きていきたい。そんなことを考えながら、只今そんな場所づくりの準備中。その報告と記録です。


by マユジ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ご報告☆2日連続のイベント出店無事終了☆

子育てあるある。
母のズボンにシール。
e0196125_8124626.jpg


さて

28日、飯能市民活動センターでの“ぐるぐる手作りまるしぇ”

29日、une bagleでの“テゴコロ市”

無事に終了いたしました!




まずは、ぐるぐる手作りまるしぇ。

お名前をその場で彫る『お名まえ消しゴムはんこ』を作らせてもらったのですが…


バカ売れしました。
(言い方ーー!)

ありがたいことに、ご好評をいただき、持って行ったはんこがほぼ売り切れに。

イベント開始直後から、ひたすら彫っているうちにバタバタと撤収の時間になりました。

(なので、出店の様子を写真に取り忘れました…)


こちらイメージ
e0196125_8124641.jpg

ご注文いただいた皆様、本当にありがとうございました。

己の集中力との闘いでしたが、“名前”という宝物をほんのひととき託してもらう喜びのようなものを感じました。

心の中に生き続ける、観光地とかにいる、判子を彫ってくれるおじさんになりきりました。(誰なのそれ)

お好みの柄が完売してしまったお客様に、次回のリクエストもいただいたので、今後も続けていこうと思います。

とりあえず7月のぐるぐるマーケットを予定してます。



翌日は、テゴコロ市。

こちらは、のんびり参加させていただきました!


ボーイもじっとはしていられず。

e0196125_8124694.jpg
これはやらせ写真
(店番風)


マイペースに参加させていただき、ずっと欲しかったもの、出会えた素敵なもの、美味しいものを買って幸せいっぱいでした。

終始ときめきがとまりませんでした。
(これって恋?)


そんな中、作品をご購入下さった皆様、お話しをさせていただいた皆様、ありがとうございました!

テゴコロ市は今回が11回目。
この素敵なイベントに参加でき、人生が変わるほどの気付きもあり(割愛しますが、実はすごい気付きを得た。)ありがたい1日でした。



27日の子どもたちのお絵描きを含めての、3日間。
無事に終えて、今後の『やり方』『在り方』を考えることが出来ました。

人と空間、物との、素晴らしい縁に感謝です。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-03-31 08:12 | イベント | Comments(0)

子どもたちとお絵描きタイム

  1. e0196125_1815824.jpg


屋上って気持ちいい!


27日(金)、子どもエコくらぶ飯能が行っている“スプリングスクール”の一環で、お絵描きの講師をして来ました。

場所は、人形劇の“すぎのこ劇団”の施設、すぎのこ劇団研修センターの屋上。

参加者は幼稚園〜高学年20名ほどでした。

午前中に、すぎのこ劇団の人形劇の練習風景や舞台裏を見学した子どもたちに、“もし自分で人形劇団を作るとしたら?”というテーマで絵を描いてもらいました。

絵に着手しやすいように、そのテーマにしましたが、テーマはあってないようなもの。
何を描いても良いわけです。

実際、風景画を描く子や心の中にある象徴的なものを描く子など様々でした。

色使いも、とてもカラフルな子もいれば、黒と灰色と赤しか使わない子も中にはいました。

今の心の風景を描いてくれた子どもたち。

分析せずとも、お友だち同士、その場にいた大人たちに伝わるものはあったのではないでしょうか。
e0196125_18044949.jpg


全体的にエネルギーの鬱積を感じたので、ひとつある試みもしました。

それは『うんちの絵』(笑)

みんな『やだ〜』とか言いながらも描いてくれ、それを丸めて投げっこ。

絵で排泄して、投げっこして騒ぐ。

状況的に大成功とは言えなかった気もしましたが、スッキリしてくれた子もいると思います。
(便秘の子とか。実際このワーク後に出る事例もあるそうです)




これは、処分しやすいよう我が家でシワを伸ばされた、うんちの絵たち(笑)

e0196125_18053784.jpg
ボーイ、色々な絵に大喜び(笑)



それらを片付けて、しばらくたった頃、急にボーイが一言。


「うんちさん かわいそうだね」

良く聞けば、かわいそうなうんちと、いい顔のうんちがあったそうな。


…するどい(笑)



子どもたちとのお絵描きも、もっとじっくり、もっと色々とやってみたいなあと思いました。

今回は特に、山と川に囲まれた施設の屋上という環境もあり、とても開放的な時間となりました。

「屋上でお絵描き楽しいね」という声も聞こえました。

飯能にまたも可能性みたり(笑)


私が一番楽しんでいたかもしれません。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-03-30 18:01 | アートセラピー | Comments(0)

☆3/28・3/29イベント出店のお知らせ☆

e0196125_8164296.jpg

クイズ・お父さんはど〜こだ。



その後、だいぶ重めのボディーブローをくり出してきた花粉症、とにかく体を休ませたらほぼ治まりました。
やられっぱなしの3日間、終了。


やれやれだぜ!

↑ロックンロールダンカンの真似。
マニアック!(※きかんしゃトーマスの仲間だよ☆)


関係ないことに少々行数を割きましたが、月末に出店を控えているイベントのおしらせです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その1

『第1回ぐるぐる手づくりまるしぇ

飯能で大人気のフリーマーケット『ぐるぐるマーケット』のハンドメイド限定版!
手づくりの雑貨やフードが集まるマルシェです♪

イワオカフェは、名入れ消しゴムはんこや、布小物、木工品などを出品予定です。

〈日時〉3月28日(土)11時〜15時(雨天開催)

〈場所〉市民活動センター(丸広飯能店7F)

・・・・・・・・・・・・・・

その2

『第11回テゴコロ市』

飯能のとっても美味しいベーグル屋さんに個性豊かなお店の数々が集まります!
雑貨、フード、読み聞かせなど。

イワオカフェは、アートセラピー体験、木工品、布小物など出品予定です。
夫ティミー(cinsgin)も共に出品します。


〈日時〉3月29日(日)11時〜16時(雨天開催)

〈場所〉une bagle(ウネベーグル)

e0196125_08205593.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どちらとも、とても楽しいイベントになりそうです。
ワクワク感ノンストップ。

ぜひ遊びに来て下さい☆




今度はボーイが発熱して、家族でデトックスウィークを満喫中。
イワオカフェ、マユジでした。





#おまけ#

クイズの答え→木の隙間
(さすがcinsgin


「あれ!おとうさん浮いてる?」
e0196125_08212624.jpg

[PR]
by woodrock | 2015-03-16 08:16 | イベント | Comments(0)

流れは大切

e0196125_23313986.jpg

最近のボーイのブームは、川沿いの歩道を疾走すること。
だいぶ体力ついてます。




ずいぶん前ですが、TV番組で聞いたフレーズ。


『循環(流れ)から必然的に心臓ができる

 自然も水の流れから魚が生まれる』


何の番組だったか、全く覚えておりません…

携帯にこのフレーズだけメモしていて、見つけたときは暗号かと思いました。
ダヴィンチコードかと思った。(飛躍する暗号へのイメージ)


番組内容が、忘却の彼方へ去ってしまったので、これに科学的根拠があるのか、または哲学的なことなのかはわかりません。

ただ、「なるほど、そうか」と思ったことだけは確かです。


何にでも流れがあります。

気の流れ 血の流れ 水の流れ 時の流れ…など

動物の体には気も、血も、水も流れているし、植物へ土の栄養を運ぶのは水の流れだし、もちろん気も流れているでしょう。


東洋医学では、病気は気や水、血の流れが悪くなることで起こると言います。


さて私事ですが、本日、今年の花粉症が発症しました。
昨日までは全く平気で油断してましたが、やはりやって来ました。
喉が腫れ、鼻水が垂れます。

最近、特に色んな流れが滞っていたな、と痛い目にあってから気付いております。

地球からのいただきもの、もしくは借り物である『体』は、基本的にとても正直者です。
一方で、ギリギリまで耐えてくれようとする頑張り屋さん。

体は、日頃から小さな反応を出して、健康を保とうしてくれています。
それを感じ取れるようになることは、人生をより豊かにすることだと常々思っています。(痛い目にあってから気づくことの方が多いけれどもね)

アートセラピーでの表現と同じく、体が示してくれる変化も、きっと自分からのメッセージ。

無意識にため込んでいたものを、機会を見て出しているのかもしれません。

よし、この流れ落ちる鼻の水、しかと受け止めよう!

…格好をつけてみたところで、内容は三枚目。
体に関してはまーだまだ未熟者です。
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-12 23:31 | 暮らし | Comments(0)

ボーイついに10キロになる&今ごろ出産時の長い話

e0196125_0254653.jpg

最近、ボーイを抱っこして長時間歩き回ると、腕の筋肉が破れかぶれになったりします。

そこで、久しぶりにボーイの体重を測ってみました。

10.3kg。

服込みだけど、ついに二桁の大台にのりました!!

母子手帳を引っ張り出し、体重と年齢のグラフを見てみると、いわゆる成長曲線というものの一番下の線上を見事に進んでいるボーイ。

今でこそ、全く気になっていない体重ですが、生まれた当初は一喜一憂していたことを思い出します。


ボーイは出生時、2272gの小粒ちゃんでした。

もともと助産院での出産を予定していた私たち。

その理想がひっくり返ったのが臨月に行った病院での妊婦検診。

妊娠高血圧症を告げられ、翌日から入院となったのです。

検診の帰りに、久しぶりに中華料理でも食べて帰ろうと思っていたのですが、とんでもなかった(笑)

翌日泣く泣く入院し、色々覚悟しました。

毎日お見舞いに来てくれた夫ティミーと、おなかの中のすぎなちゃん(ボーイの胎児ネーム)と、たくさん語り合いました。

やはり、母体がそのような状態だと、おなかの赤ちゃんは育ちにくいそうです。

小さいから、もっとおなかに入れておくべきなのか、栄養状態が良くないおなかにいさせるより、早く出て来てもらった方が良いのか…

私には到底わかりませんでしたし、院長先生と助産師さんでも意見は違ったり。

これはもう、おなかの子に任せたいと思いました。
(陣痛は赤ちゃん側の準備が出来ると起こるらしい)

入院1週間も過ぎ、だんだん気持ちも体調も整った頃、自分にも言い聞かせつつ、おなかのすぎなちゃんに語りかけました。

「外で大きくなることもできるみたいだよ。」

「きっと色々な人が助けてくれるよ。」

「栄養があるおいしいミルクももらえるよ。」

「お母さんも大丈夫そうだから、すぎなちゃんが大丈夫だったら出ておいで。」

すると、およその入院期限だった10日目、38週0日の朝食後から陣痛が来ました。

ついでにすぎなちゃんに語っていた
「真夜中の陣痛はちょっと不安だから、明るいうちに出て来てほしいな〜なんて」

やら

「お父さんの誕生日(あと数日)の前にどう?」

とか

「お産は体力使うらしいから、ご飯食べてからがいいな☆」

などと言う、母の勝手な要望までも全てクリア(笑)

赤ちゃんは本当に天才なんだと思わせられました。

陣痛が本格化し、3分おきになると、昼ご飯やらシャワーやら色々やることもありましたが
「ウルトラマンじゃなきゃ無理だよ!」
と1人で意味不明な突っ込みを入れつつ、断念。

夫ティミーが到着、続いて助産院の先生も駆けつけてくれました。

そして、本格的な陣痛から約6時間、「まだまだだろうけど」とやって来た私の両親が到着して15分後、その日の夕方にボーイは誕生しました。

2012年11月25日誕。
(夫ティミーの誕生日2日前)


へその緒も首に巻いていて、なかなか降りて来れなかったようですが、「もうこれで決めてやる!」という母の渾身のいきみでスッポーンと出て来てくれました。

ボーイが胸に乗せられた時には「よく頑張ったね」としか言えませんでした。

きれいに拭かれて連れて来られたボーイに「お母さんだよ」と話しかけて小さな手に触れたら、その手で私の小指をしっかり握ってくれました。

その瞬間の母としての喜びを、私は一生忘れないと思います。

そんなこんなで、小さかったボーイですが、保育器には入らず。
「外で栄養があるおいしいミルクももらえるよ」と話しかけた通り、看護師さん助産師さんが感心するほどの量の低体重児用ミルクを素直に飲み、体重を増やしていったボーイ。

その後も、親の様々な不安をよそに、低空飛行ながら着々と大きくなったボーイ。

それが今や10kgになったとはなぁ…

ボーイ2歳3ヶ月。
同じくらいの子たちは、もっと前に10kgなんて超えているのでしょうが、何だか私には節目に思えます。

おかげで、ずいぶん色々と思い出されました。


おめでとうボーイ!

お母さんの筋肉を、これからも鍛え上げて下さい。

e0196125_00365925.jpg
大きめな子のお母さんたちの筋力、尊敬しています。
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-07 00:25 | 子育て | Comments(0)

ひな祭りと近況リポート

e0196125_2412711.jpg
↑20数年前に、父が作ってくれた木のひな人形です。
おにぎりみたいで気に入っています(笑)

e0196125_02443824.jpg

↑これは、2年くらい前に作った豆ひな人形。
父が生地を木で挽き、私が着彩しました。
本当に豆サイズです。




さて、出店を予定していた『こまち朝市』は残念ながら雨天中止になりました。

その日に予定されていたmireiさんのライブが、こまち朝市の主催者であるHachisu cafeさんで急遽行われると知り、ボーイと行ってきました。

雨の中、cafe内はたくさんの人で賑わっていました。床に座る方々がいるほどぎゅうぎゅうに。

ボーイと私は、なんと出演者の隣で演奏を(しかもカレーを食べながら)聴くという贅沢ぷり(笑)

e0196125_02460922.jpg
ボーイにより中座したりしましたが、これはこれで、楽しい体験でした。
歌も演奏も想いに溢れ、雨のように心に染みた気がしました。




ところかわって、その前日はune bagelさんにて。

いつ食べても美味しいベーグルと絶品サラダをいただき、夫ティミーはお香づくりのワークショップを体験。

e0196125_02465627.jpg
私とボーイは店内でのんびり過ごしました。

ちょっとだれているボーイ↓
e0196125_02472388.jpg

お香づくりの講師 mek&jirraさんも、同じくらいの娘さんがいるそうで、夫ティミーと『やりたいこと、ものづくりを続けていくこと』について話したりしていました。

私はお香づくりをしたわけではないですが、一緒の場所にいるだけでも楽しい時間でした。



ここ数日、飯能で過ごした空間があまりに心地よく、また同じ時間を過ごした人たちとのつながりが面白く。

本当にやりたいことを、ある種の覚悟をもってやっている人々がいる。
その事が心強く、何だか幸せを感じています。

そういう方々の話しを聴いて、まとめて、何かの形で発信出来たらいいなぁ、と漠然と思ったりしています。

jineでも発行しようかしら。

※jine(ジネ)とは…
なんか情報が載ってる冊子のことです。確か。
(…不確かな情報すぎる)

不安なので調べてみた確かな情報がこちら↓

『zine(ジン)とは。
(↑すでに綴りと読み方が間違っていると言う衝撃、のちに恥ずかしさ)

有志で制作する、少部数で利益を重視しない、好きなように作った本のこと』

ほう。
まあ、近からず遠からずだわ。
(名前を間違えていた時点でだいぶ遠くにいたよ検索に苦労するほどに)

とにかく自分の好きなことを詰め込んで、プリントして、ホチキスで留めればOK!だそうです。


これをやろう。



…そのうち。
(やる気があるのかないのか)

いつかインタビューに行かせていただきますので(お心当たりのある方は)宜しくお願いいたします。

やりたいことが、どんどん湧いて来てどうしたものやら。

ついにひな祭りに関係のないまま締めさせていただきます。
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-03 00:35 | 暮らし | Comments(0)

小島農園のスペシャルな納豆を食べました

e0196125_0205427.jpg

こちらの納豆。

すごい納豆なんです。


何がすごいって…


特別な納豆なんです。


何が特別って…


続きは、後ほど!!



昨年のこと。

私、夫ティミー、息子ボーイの楽しいティーミン一家(←ムーミン一家みたいに言いたい)は、飯能市にある小島農園さんの『畑へ行こうよ!』に参加しました。

農園で3月〜秋頃まで月2日ほど、飯能周辺の小さな子どものいるご家族と共に、土の香り豊かな野菜(無肥料自然栽培)を育てたり、土と戯れる元気な子どもを育てたりしました。

それはそれは、新鮮な体験でした。

こちらにも載せています。(過去記事→畑でララララランラン

今年も春から『畑へ行こうよ!』第2弾があるとのことで、先日パンフレットを届けていただきました。
詳しくはこちら

その際、『ブログで毎朝納豆を食べてるとあったので、良かったら』と、納豆をいただいたのです。

心の声
(ブログで納豆…
あの山盛りごはんイン・ザ・カップ納豆の事だわ!ちーん!←恥じらう音)
少々恥じらいつつも、ありがたく頂戴いたしました。


それがこの、

飯能こだわりの奧むさし納豆、しかも小島農園産大豆(青山在来、借金なし、下加治在来黒大豆ミックス)のプレミア納豆なのです!


e0196125_0205427.jpg
↑ひっぱりすぎたので、もう一度載せました(笑)


奥むさし納豆とは、平成25年1月から本格的に製造・販売が始まった『大豆も、納豆菌も、包みの経木もみんな飯能産』の納豆です。

このこだわりの納豆の大豆が、さらに小島農園のこだわり大豆なのですから、スペシャルもスペシャル。

ね、すごいでしょ?
(誰に言っているのだろう)
(→スペシャルな納豆を求めてやまない人々へ)

翌朝まで待ちきれず、お昼に食べてみました。

ひとくち、ネバクリ。

(↑パクリ、にネバ感を足したら謎の言葉に)



この納豆…

パワフルーーー!!!


とっても滋味あふれる、柔らかいのにしっかり豆を感じられる、大変美味しい納豆でした。

ひとくちでファンになりました。


が、しかし。

こちらはプレミアム納豆。普通には販売されていないそうです。
残念…。

なお、奧むさし納豆は通常販売されています。

さらに、奧むさし納豆を作っている『ゆきちゃん』に飯能で作った大豆を持って行くと“マイ納豆”を作ってくれるそうです。


マイ納豆…!


自分で育てた大豆で納豆を作れたら…夢のような話しです。

すると小島さん、『マイ納豆は「いつかの夢」ではなくて、今年の冬には実現する計画だと思います。』とおっしゃった。

がーん!
ぴしぴし…(←「こんなの夢よね〜あはは」的価値観にヒビが入った音。)

そうか…やれば出来るのか。
成せば成る、成さねば成らぬのか。

と言うことで、やるかも知れません。

もう「私、枝豆も好きだし(部類のずんだ好き)納豆にする分の大豆が残るかしら?」と言う妄想まで始まっています(笑)

今年、我が家の食卓に革命が起こる!
…かもしれません。



ちなみに、小島さんおすすめのこの納豆の食べ方。

→200回かき混ぜて塩を入れて100回かき混ぜる。

やりました。だるまが。(ウソ)

e0196125_00235828.jpeg

塩納豆300系(電車か)、こちらの食べ方も大変美味く、新しい納豆の扉が開きました☆


納豆となるとついつい白熱。イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-01 00:20 | 暮らし | Comments(1)

タグ

(55)
(32)
(31)
(30)
(23)
(20)
(13)
(13)
(12)
(9)
(7)
(7)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

暮らし
子育て
アートセラピー
消しゴムはんこ
ものづくり
イベント
イラストレーション

最新の記事

イワオカフェ的視点で特撮ヒー..
at 2017-11-13 16:03

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

記事ランキング

画像一覧