アートやものづくりのパワーを借りながら、この世界を素敵な仲間たちと生きていきたい。そんなことを考えながら、只今そんな場所づくりの準備中。その報告と記録です。


by マユジ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:暮らし( 69 )

リーディングを受けてみました!

ゴールデンウィーク中、ゴールデンなことがありました。
その報告記です。

先日の手帳活用ワークショップで知り合った、ある素敵な方の「リーディング」を受けてみました。

リーディング。
高校の英語教科を思い出す響きですが、無論それではなく。

「スピリチュアルリーディング」のことです。

そして、その素敵なある方とは、我々と同じく飯能市に在住のオーガニックビューティーセラピストのジョアンさんという方。

そのジョアンさんが、メッセージセラピストのプロになるためのミッションとして、モニターを募ってらっしゃったので名乗りをあげてみた次第です。


受けてみた感想は…


楽しかったー!!



気持ちの良い、市内のとある河原にて、
不思議で面白い体験が出来ました。
e0196125_19492185.jpg
私がお聞きしたのは、体調の事と、あることへのブロックについて、そして長年の謎だった水族館恐怖症について。


体調については、時々強くなるアレルギー反応や体のダルさが、何かを意味しているのかを聞いてもらいました。

すると、「言いたいことを言わずにいる」「頭でシュミレーションし過ぎる」といったことを伝えられました。


…やっぱりそうか(笑)


深呼吸が大事、とも。


…やっぱりそうか(笑)


思い当たる節だらけです。

深呼吸を心掛けるようにとの事で、実践中。
おかげで最近、深呼吸がうまくなってきました!


あることへのブロックについては、内容は割愛しますが、過去生に関係することだと教えてもらいました。

『そうだったのか〜それなら仕方ないよね』と、なんだか自然に受け入れる事が出来ました。

それに関してはヒーリングもしてもらい、何かに癒してもらっている感じがすると同時に
『それは大変だったね、もう大丈夫だよ』
と自分に語りかける事ができました。

自分に優しく語りかける…これ、大事なことです。
でも忘れがち。

そういう意味で、2つの面から救われたような感じがしました。


水族館の魚が怖いことについては…
これも別の時代の過去生にまつわること、との事。

古い時代、体格の良い漁師の息子であった私は、一緒にボートのような船で漁に行くが、ボートから落ちてしまい、様々な魚と共に渦に飲まれてしまったそうな。


ひぃ〜〜!!

そりゃ水族館が怖くなるわけよ(笑)

と、これまたすんなり腑に落ちて、ヒーリング法(「今はそんな時代じゃないから大丈夫」と唱える)も聞きました。

しかし、体格のいいお父さんまで見えるなんてジョアンさん、すごいわ。


ちなみに今日、ビバホーム(ホームセンター)のペットの魚売り場に行ってみましたが、なんだか大丈夫になったような気がしました!やった〜!

次は海洋生物図鑑だわ。(←なぜか怖い)



体調、過去生などを見てもらい、真相はどうであっても、おかげで“今の自分”を、もっともっと大事にしていこうと思うことが出来ました。


キラキラ輝いて、はじける笑顔がとっても素敵なジョアンさん。
メッセージセラピストになられたら、またお願いしたいなぁ。


あるブロックへのヒーリングを受けた後、私のおなかあたりにお花が咲いたのが見えたそうです。
e0196125_19492169.jpg
こんな花。
(ちょうど河原にあった花)

なんだか嬉しかったです。


オーガニック手作りコスメなどのワークショップでも大活躍!のジョアンさんのブログはこちら☆

オーガニックビューティーセラピスト Jo Ann

ハッピー満載です。


私ももっとハッピーになる事たくさんしよっと!
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-05-15 19:49 | 暮らし | Comments(0)

手帳を替えました

今月はじめ、『ろはすぃ〜つ』のあびさんによる“手帳活用術講座”を受けました。

それはそれは、素晴らしい術で、一緒に講座を受けた夫ティミーと共に、その夜遅くまで手帳に使う手づくりページをせっせと作りました。

それから、しばらくしてやっとバインダーを手に入れました。
(ドイツ製のリサイクルレザーで、つくりは日本製という、私にとってのトキメキ要素満載)

で、ついに完成。


じゃじゃーん。
e0196125_1626881.jpg

中は、あびさんに教えてもらった通り、付箋フル活用!

e0196125_1626853.jpg
以前、facebookでシェアされていた、どなたかの記事に、
「子育てでツラいのは、やりたいことをいちいち分断されてしまい、達成感がまったく持てないこと」
というような話があり、『達成感』は暮らしのメリハリとして、生きる糧として、大変重要だと再認識しました。

この手帳活用術では、済んだ用事の付箋を剥がしていきます。
(詳しくは、あびさんの講座で☆→ろはすぃ〜つ

この、付箋を剥がす時の達成感よ!!

癖になります。

試しに「朝ご飯をつくる」とか当たり前のことを書いて貼って、やって剥がしたら、やっぱり達成感あり(笑)

まあ、そのうちもっと素敵カッコイイ用事が並ぶと良いんですけど。

とにかく、これから新しい手帳で始動できて嬉しい限りです。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-04-19 16:26 | 暮らし | Comments(0)

畑はじめました

e0196125_0273181.jpg
クイズ・ボーイはど〜こだ。

そして、ここはど〜こだ。

…素晴らしい場所、とだけ言っておこう。



さて、
ついに来ました、この時が。


ついに、
夢がひとつ叶いました。



ドリームズカムトゥルー。


ドリームイズ畑ライフ。




畑ライフカムトゥルー!



…というわけで、畑を借りました。



なーんだ、と思われそうですが、我々夫婦にとって、畑はずっとやりたかったことのひとつ。


かれこれ8年前くらいから、いつか自分たちで野菜を育ててみたいねと話していました。

早く畑をやりたい気持ちがあふれ、どこかに場所はないかと、焦ったりしていた時期もありました。

でも、こういった生き方にダイレクトに関わるものというのは、やはり縁やタイミングが要。

がむしゃらに探して見つかるものでもありません。



さらに、当時私たちが理想としていたのは“自然農”の畑でした。

自然農は一般的な農法ではなく、耕さないし、除草もしません。もちろん虫もたくさん来ます。
普通の畑を借りてやるのは難しい。


そんなこんなで、
「まあ、いつかきっと出来る日が来るだろう、自然農じゃなくても、とりあえずいいかもね」
と、のんびり構えるようになりました。

そんな畑への執着心を手離して数年。



我々が、お借りした畑。



e0196125_0273166.jpg
はい、
自然農ーー!!


(夫ティミーのポーズに滲む喜び)


なんとこちらの畑、「じゅらく」という、ママさんの集まりで5年も自然農を続けている畑なのです。

様々な草の生えた畑の土はふかふかで、小さい子が眠いときの手のように、しっとり温かい。

そんな素敵な畑です。


ボーイがいたのは、この畑の周り。
じゅらく代表の娘さん、小学生のお姉さんに遊んでもらって大喜びの図。
母には目もくれやしない。(喜ばしい成長です)

e0196125_027316.jpg



そして畑ライフはこれだけではなく。

なんと、「じゅらく」を紹介してくださった小島農園さんでも、畑をお借り出来ることになりました。

こちらは何と、無肥料自然栽培!
農薬はもちろん、化学肥料も有機肥料も使わない農法です。

そんな画期的な栽培法のプロフェッショナルがいる、素敵なご一家が営む畑の一画をお借りします。

なんとありがたいのでしょうか。


先日早速、小島さんのところで夏野菜の苗を作らせてもらいました。
e0196125_0273192.jpg

トマトにナスにバジルにモロヘイヤ。
どんな芽が出るのか楽しみです。


e0196125_0273183.jpg
ちなみに、これは小島農園のワイルドで優しい、一番上のお兄ちゃんに畑から畑へ輸送してもらうボーイ。なんだか贅沢(笑)





今年、私マユジは厄年。
(あら19歳?いいえ、本厄です)


厄年とは、ただ悪いことが起きるのではなく、人生に大きな変化がある年だといいます。

しかし、まさか畑が借りられようとは。

本当にありがたいことです。


というわけで、2つの素晴らしい畑で、人生のグランディング(畑仕事は効果絶大)と、野菜とそれを取り巻く命との関わりの環に参加したいと思います。
(まとめたら壮大な感じの言い方になったわ)


ちょっぴり虫の苦手なボーイも、きっと今に土の香りのするワイルドボーイになる……
のだろうか?

楽しみは尽きません。
イワオカフェ、マユジでした。

[PR]
by woodrock | 2015-04-04 00:27 | 暮らし | Comments(0)

流れは大切

e0196125_23313986.jpg

最近のボーイのブームは、川沿いの歩道を疾走すること。
だいぶ体力ついてます。




ずいぶん前ですが、TV番組で聞いたフレーズ。


『循環(流れ)から必然的に心臓ができる

 自然も水の流れから魚が生まれる』


何の番組だったか、全く覚えておりません…

携帯にこのフレーズだけメモしていて、見つけたときは暗号かと思いました。
ダヴィンチコードかと思った。(飛躍する暗号へのイメージ)


番組内容が、忘却の彼方へ去ってしまったので、これに科学的根拠があるのか、または哲学的なことなのかはわかりません。

ただ、「なるほど、そうか」と思ったことだけは確かです。


何にでも流れがあります。

気の流れ 血の流れ 水の流れ 時の流れ…など

動物の体には気も、血も、水も流れているし、植物へ土の栄養を運ぶのは水の流れだし、もちろん気も流れているでしょう。


東洋医学では、病気は気や水、血の流れが悪くなることで起こると言います。


さて私事ですが、本日、今年の花粉症が発症しました。
昨日までは全く平気で油断してましたが、やはりやって来ました。
喉が腫れ、鼻水が垂れます。

最近、特に色んな流れが滞っていたな、と痛い目にあってから気付いております。

地球からのいただきもの、もしくは借り物である『体』は、基本的にとても正直者です。
一方で、ギリギリまで耐えてくれようとする頑張り屋さん。

体は、日頃から小さな反応を出して、健康を保とうしてくれています。
それを感じ取れるようになることは、人生をより豊かにすることだと常々思っています。(痛い目にあってから気づくことの方が多いけれどもね)

アートセラピーでの表現と同じく、体が示してくれる変化も、きっと自分からのメッセージ。

無意識にため込んでいたものを、機会を見て出しているのかもしれません。

よし、この流れ落ちる鼻の水、しかと受け止めよう!

…格好をつけてみたところで、内容は三枚目。
体に関してはまーだまだ未熟者です。
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-12 23:31 | 暮らし | Comments(0)

ひな祭りと近況リポート

e0196125_2412711.jpg
↑20数年前に、父が作ってくれた木のひな人形です。
おにぎりみたいで気に入っています(笑)

e0196125_02443824.jpg

↑これは、2年くらい前に作った豆ひな人形。
父が生地を木で挽き、私が着彩しました。
本当に豆サイズです。




さて、出店を予定していた『こまち朝市』は残念ながら雨天中止になりました。

その日に予定されていたmireiさんのライブが、こまち朝市の主催者であるHachisu cafeさんで急遽行われると知り、ボーイと行ってきました。

雨の中、cafe内はたくさんの人で賑わっていました。床に座る方々がいるほどぎゅうぎゅうに。

ボーイと私は、なんと出演者の隣で演奏を(しかもカレーを食べながら)聴くという贅沢ぷり(笑)

e0196125_02460922.jpg
ボーイにより中座したりしましたが、これはこれで、楽しい体験でした。
歌も演奏も想いに溢れ、雨のように心に染みた気がしました。




ところかわって、その前日はune bagelさんにて。

いつ食べても美味しいベーグルと絶品サラダをいただき、夫ティミーはお香づくりのワークショップを体験。

e0196125_02465627.jpg
私とボーイは店内でのんびり過ごしました。

ちょっとだれているボーイ↓
e0196125_02472388.jpg

お香づくりの講師 mek&jirraさんも、同じくらいの娘さんがいるそうで、夫ティミーと『やりたいこと、ものづくりを続けていくこと』について話したりしていました。

私はお香づくりをしたわけではないですが、一緒の場所にいるだけでも楽しい時間でした。



ここ数日、飯能で過ごした空間があまりに心地よく、また同じ時間を過ごした人たちとのつながりが面白く。

本当にやりたいことを、ある種の覚悟をもってやっている人々がいる。
その事が心強く、何だか幸せを感じています。

そういう方々の話しを聴いて、まとめて、何かの形で発信出来たらいいなぁ、と漠然と思ったりしています。

jineでも発行しようかしら。

※jine(ジネ)とは…
なんか情報が載ってる冊子のことです。確か。
(…不確かな情報すぎる)

不安なので調べてみた確かな情報がこちら↓

『zine(ジン)とは。
(↑すでに綴りと読み方が間違っていると言う衝撃、のちに恥ずかしさ)

有志で制作する、少部数で利益を重視しない、好きなように作った本のこと』

ほう。
まあ、近からず遠からずだわ。
(名前を間違えていた時点でだいぶ遠くにいたよ検索に苦労するほどに)

とにかく自分の好きなことを詰め込んで、プリントして、ホチキスで留めればOK!だそうです。


これをやろう。



…そのうち。
(やる気があるのかないのか)

いつかインタビューに行かせていただきますので(お心当たりのある方は)宜しくお願いいたします。

やりたいことが、どんどん湧いて来てどうしたものやら。

ついにひな祭りに関係のないまま締めさせていただきます。
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-03 00:35 | 暮らし | Comments(0)

小島農園のスペシャルな納豆を食べました

e0196125_0205427.jpg

こちらの納豆。

すごい納豆なんです。


何がすごいって…


特別な納豆なんです。


何が特別って…


続きは、後ほど!!



昨年のこと。

私、夫ティミー、息子ボーイの楽しいティーミン一家(←ムーミン一家みたいに言いたい)は、飯能市にある小島農園さんの『畑へ行こうよ!』に参加しました。

農園で3月〜秋頃まで月2日ほど、飯能周辺の小さな子どものいるご家族と共に、土の香り豊かな野菜(無肥料自然栽培)を育てたり、土と戯れる元気な子どもを育てたりしました。

それはそれは、新鮮な体験でした。

こちらにも載せています。(過去記事→畑でララララランラン

今年も春から『畑へ行こうよ!』第2弾があるとのことで、先日パンフレットを届けていただきました。
詳しくはこちら

その際、『ブログで毎朝納豆を食べてるとあったので、良かったら』と、納豆をいただいたのです。

心の声
(ブログで納豆…
あの山盛りごはんイン・ザ・カップ納豆の事だわ!ちーん!←恥じらう音)
少々恥じらいつつも、ありがたく頂戴いたしました。


それがこの、

飯能こだわりの奧むさし納豆、しかも小島農園産大豆(青山在来、借金なし、下加治在来黒大豆ミックス)のプレミア納豆なのです!


e0196125_0205427.jpg
↑ひっぱりすぎたので、もう一度載せました(笑)


奥むさし納豆とは、平成25年1月から本格的に製造・販売が始まった『大豆も、納豆菌も、包みの経木もみんな飯能産』の納豆です。

このこだわりの納豆の大豆が、さらに小島農園のこだわり大豆なのですから、スペシャルもスペシャル。

ね、すごいでしょ?
(誰に言っているのだろう)
(→スペシャルな納豆を求めてやまない人々へ)

翌朝まで待ちきれず、お昼に食べてみました。

ひとくち、ネバクリ。

(↑パクリ、にネバ感を足したら謎の言葉に)



この納豆…

パワフルーーー!!!


とっても滋味あふれる、柔らかいのにしっかり豆を感じられる、大変美味しい納豆でした。

ひとくちでファンになりました。


が、しかし。

こちらはプレミアム納豆。普通には販売されていないそうです。
残念…。

なお、奧むさし納豆は通常販売されています。

さらに、奧むさし納豆を作っている『ゆきちゃん』に飯能で作った大豆を持って行くと“マイ納豆”を作ってくれるそうです。


マイ納豆…!


自分で育てた大豆で納豆を作れたら…夢のような話しです。

すると小島さん、『マイ納豆は「いつかの夢」ではなくて、今年の冬には実現する計画だと思います。』とおっしゃった。

がーん!
ぴしぴし…(←「こんなの夢よね〜あはは」的価値観にヒビが入った音。)

そうか…やれば出来るのか。
成せば成る、成さねば成らぬのか。

と言うことで、やるかも知れません。

もう「私、枝豆も好きだし(部類のずんだ好き)納豆にする分の大豆が残るかしら?」と言う妄想まで始まっています(笑)

今年、我が家の食卓に革命が起こる!
…かもしれません。



ちなみに、小島さんおすすめのこの納豆の食べ方。

→200回かき混ぜて塩を入れて100回かき混ぜる。

やりました。だるまが。(ウソ)

e0196125_00235828.jpeg

塩納豆300系(電車か)、こちらの食べ方も大変美味く、新しい納豆の扉が開きました☆


納豆となるとついつい白熱。イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-03-01 00:20 | 暮らし | Comments(1)

ハッピーバレンタイン☆そして食についての余談

e0196125_14474550.jpg

バレンタインデーなので、夫ティミーにチョコクッキー、ボーイにココアクッキーを焼きました。

せっかくなので、おいしいものを(しかも楽に!)作ろうと思ったら、材料が国産やオーガニックで、卵、乳製品、白砂糖なしのお菓子が出来上がりました。

なんだかナチュラル奥様の素敵生活!みたいに書きましたが、基本的に我が家は食べ物に関して、絶対こうじゃなきゃ!とはしていない家です。

もちろん、出産前まで自然食品店で働いていたこともあり、ボーイのことも考えて、なるべくシンプルで安心感のある食べ物を取り入れてはいます。

でも、普段の食事で大切にしていることはただひとつ。

「食べたい物を食べること」

そして、
「美味しく食べること」
(ひとつと言っておいて2つ目があるという)

目の前にある食べ物は、多少得体が知れなくても(笑)食べたいと思えば、美味しいと感じれば、ありがたくいただきます。


数年前に、夫ティミーと旅行中に駅ビルの中にあったチェーン店らしきラーメン屋さんに入ったことがありました。

閑散期だったのか、そこに私たち以外にお客はおらず、店のすべてを妙齢のお姉さんがひとりでやっていました。

いささか『大丈夫だろうかこの店』という空気が私たちに流れました。

そんな不安をよそに、お姉さんはにこやかに接客してくれ、すばやくラーメンを作り、これまたニコニコと持ってきてくれました。

それを食べてみたら、何だかすごくおいしかったんです。

味は画一的に出来るようになっているのでしょうが、自分たちのために作ってくれた、そのラーメンの存在自体が心に染みた感じがしたのです。

あれは不思議な体験でした。


私の思う、食事の究極は、魂が喜ぶかどうかです。
それを外れなければ、外食をしても、多少ジャンクでも、ありだと思っています。

それを食べて、自分の魂は喜ぶかな、と考えるようにしています。

大抵の場合たどり着くのはやはり、命と直にやりとりする覚悟と愛情をもった人のつくる農畜産物だったり、素材に惚れ込み、素材からも愛されている人が作る料理だったりするのですが。


…何の話だっけ?(笑)



余談が長くなりましたが…
本日はバレンタインデー☆
愛のこもったお菓子と共に素敵な1日になりますように!

イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-02-14 14:47 | 暮らし | Comments(0)

節分熱とインナーマザー

e0196125_1154497.jpg

ほぼ毎朝、納豆ごはんを食べる私とボーイ。
(ティミーはパン食)

ボーイ、何を思ったか納豆の方にごはんをつめ、出来上がったのが上の図↑。
山盛りです。

納豆までが長い道のりに…。



さて、節分熱ですが、見事に翌日下がりました。

どうだい!(何が)


そんな節分熱の夜、インナーマザー的なものに物申す夢を見ました。


まず、インナーマザーとは何かと言うと…


なかなか込み入った話になるので、出来るだけさらっと書きたい…
(アートセラピーやってるとは思えぬ言いよう)


最近耳にする「毒親」と言う物々しい言葉がありますが、そういった親でなくとも、どんな親からでも、罪悪感や抑圧を感じるようなネガティブな印象を、子どもは受け取ることがあります。
(もちろん個人差、程度の差はあります。)

特に母親は、子どもにとって絶対的存在です。

インナーマザーは、子どもの頃にその実際の母親から受けた何かしらの影響を、自分の中でさらにネガティブさを増大させて作り上げた、自分を支配する「内なる母」です。
(と私は解釈しています。)


詳しくは、本なども色々ありますのでご参照下さい。

お薦めはこちら↓

斎藤 学
『インナーマザー あなたを責めつづけるこころの中の「お母さん」』
新講社



さて、夢の話です。

夢はアートセラピーと同じく深層心理を良く表しているので、面白いものです。

人の夢の話ほど、どうでもいい話はありませんが(笑)


私の夢の舞台は、古い民家。そこを親戚一同で掃除するという設定。

私はなぜか寝起きで空腹、これから朝ご飯を食べようかというところ。

そこに、母親らしき人(インナーマザーだと思われる)がやってきて言います。
「あと2分後には掃除にくるように」

2分って!(笑)

そこでまず言い返します。

「いつ行くかは、私が自分で決めます。」


そして、しばらくして現場へ行くと、私が遅れて登場したことで、その人は地団駄を踏まんばかりにカンカンに怒っています。

私には、彼女がやりたくないことを無理にやって苦しんでいる様に見えました。

なので、

「やりたくないことを、やらならきゃいけないと思い込んで、そんなにもイライラするほどになるのなら、それは本当の人生じゃない」

と、きっぱり言いました。

すると、相手も受け入れた様子を見せ、この夢は終わります。


言い放った時は実にスカッとしましたが、思い返すと何とも抽象的(笑)

でも何というか、今、私が自分に一番言いたいことだったんだろうなあ。


やりたいこと。
やりたくないこと。
やりたいことのためなら出来る、やりたくないこと。

見極めは難しいです。

見極めるために一番いいのは、
やっぱり頭で考えるより、体と心で感じることだなぁ、と最近改めて思います。

つまるところ、健康第一(笑)

体のコンディションを整えると、心もクリアになる(逆も然り)。
すると、自分に必要なものが見えてくる。

…いつも到着地は同じだけれど、今回は夢経由でした。

こうしてぐるぐる旅をしながらも、少しずつ研ぎ澄まされていきたいものです。

珍しく、アートセラピーインストラクターらしい話になった…ような、ならなかったような(笑)


それにしても節分、やはり何か底知れぬパワーがあるに違いない…(笑)
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-02-08 01:15 | 暮らし | Comments(0)

節分とジェリービーンズ(豆つながり)

e0196125_16211820.jpg

炭火焼きのイワシを食べるボーイ。
2月3日の節分、子育て支援センターにて。

初の丸ごとイワシ、2匹平らげました。
一応背骨はとりましたが、頭と尻尾もバリバリいける口でした。

ようこそカルシウム!



昨日は、2013年12月から活動中の起業を目指す、または起業した女性の会「ジェリービーンズ」の新年会へ。

メンバーは色々と多忙なので、参加人数は少なかったものの、ジェリービーンズの今後について真剣に語り合って来ました。

正直、この謎の団体ジェリービーンズが(市内の一部で)1年ばかりでこれほど周知されるとは思っておらず。

新メンバーの加入もあるとかないとか。

これからどうなっていくのか、まだまだわかりませんが…
春からの活動にも、乞うご期待!
(ハードルをあげてみる)


さて、本日久しぶりに私が発熱しました。

実は、昨年も節分の夜に発熱し、翌日下がり。

夫ティミーが5日に発熱し、翌日下がり。

私が8日の大雪の日に再び発熱し、翌日下がる。

と言う珍事件がありました。


なんなんだ節分熱(笑)
雪も絡んでいるのだろうか…。

今回も明日下がるのか。乞うご期待!
(ハードルは低いまま)

なんだか、まだまだ甘いな自分(笑)


頭と体を休めます。

イワシ(予測変換につられたわ、イワシだけに!ふふん)
イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2015-02-05 16:21 | 暮らし | Comments(0)

すごいものを聴いた

e0196125_1543343.jpg

夫ティミーが「年内にもう一回『une bagel』に行こうよ」と言いました。

『une bagel』さんは飯能にあるとっても美味しいベーグル屋さんです。

年内まだやっているか調べるティミー。

すると「明日、une bagelにU-zhaan(ユザーン)が来るって」
ティミーが言いました。

…誰でしたっけ?(笑)

夫ティミー
「caravanのライブで太鼓たたいてた人だよ!」

(夫婦ともcaravanというアーティストが好きです。)

あ〜、あの髪がもじゃもじゃで、caravanのMC中にトンカチで太鼓調律してた人か!(←失礼な記憶)


ライブに行くかどうかは別として、その日une bagelにお昼を食べに行きました。

「明日、U-zhaan(ユザーン)のライブなんですね」と店長さんに何気なく聴くと、なんと店長さんU-zhaan(ユザーン)にタブラ(インドの打楽器)を習っていたとのこと。
カフェ内に実際のタブラがあってみせていただきました。

変わった太鼓でした。
マイジャンベを所有するボーイ(2歳)も興味深々。

さらにU-zhaanさんは夫ティミーと同じ川越出身と言う。

何か良くわからないけど縁を感じる…明日のライブ観に行きましょう!


ということで、ウィンタースクールのあった日の午後、タブラ奏者のU-zhaanのライブを観にいきました。
(長い前置きでした)


和紙作家さんがセッティングしたという、繭の様なオブジェが吊された不思議な空間に、特設で販売されているタイの屋台風料理のスパイシーな香り。

お客さんは20人ほどが、こじんまりとしたカフェ内にひしめいている中、チャイを飲みながら待つのはこれから始まるインド音楽のライブ。


…なんという異国感!!!(笑)


そしてタブラとシタールによる演奏が静かに始まりました。



すごかったです。



何がと言われると難しいのですが。

一言でいうと、

音は人間を愛してくれている

と言う感じ。

U-zhaanのタブラの音があまりにも多彩すぎて、太鼓=リズムをとるものというイメージが覆りました。

U-zhaanのタブラの音はは、喋っているようでもあり、歌っているようでもあり、踊っているようでもありました。
何の音がどこから出てるのかさえわからない(笑)

こんな楽器を作れる人がいて、こんなにすごい音を出せる人がいるなんて、人間って何かにすごく愛されているんだなと感じました。


当たり前のことですが、音はもともと自然界にもの色々な種類やリズムが無数に存在しています。

何かが何かを打つ、単純な音一つとっても、例えば雨が石を叩く音と、葉をたたく音は違うし、同じ生き物の足が、獲物を追ったり追われたりして力強く大地を打つ音と、悠然と歩いている時の音は違う。

普段、私たちの周りにも色々な音がしているのに、耳がそれを単純化してしまっているのではないか。

そんなことを思いました。

音の神さまがいるとしたら、音をただ耳で聴いていている私みたいな人に「音はもっと面白いものなんだよ」と、U-zhaanみたいなすごい演奏者を世界に送り込んで、音を楽しませてくれているんだ。

と、思わずにはいられませんでした。

もっと音を魂で聴こうっと☆
(軽っ!)


ライブが終わって外に出たら、U-zhaanさんがいたので、思わず「指って硬いんですか」なんて聞いて、さらに指先を触らせていただきました(笑)
何と、むしろ柔らかかったです。

ありがたいものを触らせていただきました。
ご利益ありそうです。(何の?)

ちなみに、ボーイは序盤から寝てました(笑)

スパイシーな香り漂うカフェで、インドな音を聴きながら、どんな夢をみたのでしょうか。

ミャンマーあたりまで行ってきたかな?
(どうせならインドまで行ってもらわなきゃだよ)


何だかものすごいものを観た気がします。

面白かったなあ。イワオカフェ、マユジでした。
[PR]
by woodrock | 2014-12-29 15:43 | 暮らし | Comments(0)

タグ

(55)
(32)
(29)
(29)
(21)
(18)
(13)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

カテゴリ

暮らし
子育て
アートセラピー
消しゴムはんこ
ものづくり
イベント
イラストレーション

最新の記事

近況を一挙ご報告
at 2017-06-25 22:04

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

記事ランキング

画像一覧